HOME>アーカイブ>喜んでもらえる出産内祝いを選ぶために必要なマナー

出産内祝いとは

出産内祝いとは、本来は出産の喜びを分かち合うために親しい人に贈り物をするというものでしたが、現在は出産祝いを貰った人へのお返しの意味をもちます。お祝いしてもらったことへの感謝の気持ちを含むお返しです。

出産内祝いの品物を選ぶ上で気をつけるポイント

内祝い

お祝いの値段に合わせて選ぶ

出産内祝いの品物は、いただいたお祝い金の2分の1から3分の1の金額の品物を選ぶのが相場です。そのため、いただいたお祝いが品物であった場合は、その金額をできるだけ調べて、値段に見合った品物を選ぶように気をつけましょう。一人一人に合わせた品物を選ぶのが大事です。

地域の慣習に合わせたものを選ぶ

近年は、内祝いにおけるタブーの品物はなくなりつつありますが、地域の習慣に合わせたものを選ぶのが無難です。緑茶はお祝い事に相応しくないとされたり、刃物は縁を切るとして縁起が悪いとされることもあるので、しっかり確認してから選ぶようにしましょう。

子供の写真入りは身内だけにする

出産内祝いということで、子どもの写真をプリントした品物を贈る人もあります。しかし、中には子どもを授かりたくても授かれない人もおり、無意識のうちに傷つけてしまう可能性も否めません。子供の写真入りの品物は、身内だけに贈るのが無難と言えるでしょう。

喜んでもらえる出産内祝いを選ぶために必要なマナー

内祝い

出産内祝いを贈る時のマナー

出産内祝いを贈る際はマナーを守ることです。そのマナーとして、お祝いを頂いてから1か月以内に贈るということがあります。忙しい時期ですが、遅くても2ヶ月以内に贈るのがマナーです。また、お祝い金に見合ったお返しをするのがマナーで、いただいたお祝いよりも高価な内祝いや、格安の内祝いをすると、反感を持たれてしまうこともあるので注意しましょう。

広告募集中